採用情報

採用メッセージ

写真:仕事風景
写真:仕事風景
写真:仕事風景

 私たちは「関与先の永続発展と地域社会の発展に貢献する」ことを会社の方針としており、多くのお客様を会計、経営の面からご支援しています。

 「永続発展する企業」の定義とは「三代75年以上続く」ことです。つまり、企業が創業者から子供、さらには孫の代まで受け継がれ、成長し、続いていくことです。
そのため、個人事務所であった私たちも「三代75年以上続く」事務所でなければならないと考え、この兵庫太和税理士法人を平成21年に設立しました。
また、経済産業省からは中小企業支援機関に認定されており、お客様の経営に役立つ高度なサービスを提供できるよう努めています。

 主な仕事内容は、企業を訪問し、税務や経営に関する助言をすることです。難しい仕事だと思うかもしれませんが、研修制度も整っており、私たちがしっかりとサポートしていきますので安心してください。まずはじっくりと半年間の研修に参加してもらい、その後に決まったお客様を担当して毎月訪問してもらうことになります。
担当と言っても、いきなり一人で放り出すようなことはありません。お客様についての十分な知識と、実地での経験を積むまでは先輩が同行し、相談やチェック、フィードバックを丁寧に行います。

 また、税理士事務所は、黙ってじっと書類とにらめっこしていると誤解されがちなのですが、そんなことはありません。実は、お客様との対話が一番大切なのです。
そのため、知識や専門性だけでなくコミュニケーション能力も求められます。コミュニケーションの根源は「相手を思いやる心」。 この気持ちがないと会計人としては失格です。
当法人は「思いやりの心」や「クライアントとのコミュニケーション」を大切にしています。
私たちも毎日いろいろな失敗を重ねています。当法人に勤める方は、私たちといっしょにコミュニケーションについても勉強していきましょう。

 そして、様々な業種の経営者との出会いは、新しい知識や世界との出会いです。「知識や専門性を磨いて上を目指したい」という向上心あふれる方はぜひ私たちの仲間になってください。
数多くのクライアントを通じて、また、事務所の上司や先輩である税理士、公認会計士、中小企業診断士からも確かな技術を直接学べます。
チームワークやリーダーシップ、労務管理など様々な社外研修への参加も推奨しており、一般的な会計事務所では習得が難しい知識も身につけることができます。

 私たちの仕事は大きな責任が伴いますが、同じくらい誰かの役に立つ、必要とされるものです。あなたがいてくれてよかった、と言ってもらえる喜びを一緒に味わいませんか。